日本にだってある!スーパーフード

日本食

チアシードやアサイー、キヌアなど、日本でも数年前から人気のスーパーフード。
モデルさんなどが摂っていることで、一般の女性の間でも人気になりました。

それらも魅力的ですが、低カロリーで栄養豊富な食材は、日本にだってたくさんあります。
納豆や豆腐、味噌、梅干し、海苔、おから、ひじき、きなこなどなど…。

これらはどこのスーパーでも低価格で手に入れることが出来ますし、栄養価も高いので、海外で人気のスーパーフードには負けてません。

海外で日本食がブームになっているのも、これらが健康に良いということが証明されているようなもの。
せっかく日本に生まれたのですから、海外のものだけじゃなく、日本の古き良き食べ物にも目を向けたいですよね。

ご飯、焼き魚、お味噌汁、納豆、梅干し。
朝食はこれで十分じゃないですか?
栄養も摂れて満腹感も得られる。そして腸にも良い!

お肉大好きな人は、朝食もしくは昼食だけでも和食中心、特にイソフラボン豊富な食べ物を摂るようにすると、アンチエイジングにも、健康的にも良いこと間違いなし!

大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをしてくれるのだそう。
エストロゲンは年々減少していきます。減少してしまうと、自律神経が乱れたり、ハリがなくなったり、更年期障害になったりと、様々なトラブルが出てきてしまうんです。

それを大豆イソフラボンで補うことで、いつまでもはつらつとした健康な体を維持できるようになります。

是非、日本に古くからあるこのような食べ物を取り入れて、若々しさを保つようにしたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする