若い頃からのファンデーションには要注意!

ファンデーション

今は中学生でも高校生でもメイクをしている人が多いですよね。
私も小学生の頃、母親が使うマニキュアをこっそり借りたりしてましたし、高校生の時は、休日友達と出かける時に、口紅を塗ったりしてたので、メイクをしたいという女の子の気持ちはすごくよくわかります。
ですが、学生時代はポイントメイクだけで十分だと個人的には思います。

早くからファンデーションを使った人と、なるべく使わず過ごしてきた人とでは、30代~40代になった頃に、肌にはっきりとした違いが出てきます。
ファンデーションをなるべく使わなかった人の方が明らかに肌がキレイなんです。
個人的に大規模なアンケートを取ったわけではありませんが、同窓会などに行くと違いが明らかなんですよ。
女子同士集まると、やはりそういう話になります。

一つは、ファンデーション自体が肌の負担になるということ。そしてもう一つはそれを落とす際のクレンジング。
自分ではしっかり落としているつもりでも実は残っていて酸化して毛穴トラブルになったり、シミになったり…。しっかり落とそうとして擦ってしまうと、それはそれでまたシミやシワの原因になってしまいます。

若い頃は30代や40代になってからの肌のことなんて正直考えませんよね。でも、20代前半までは、アトピーがあるとか、ニキビが出来やすい人を除くと、それほど大差はないんですよ。多くの人は、若い頃が一番肌がキレイなんです。
差が出てくるのは30を過ぎてから。

ファンデーションが必要ない若い頃にそれを使って30代過ぎた頃にシミやシワで悩むのか、それとも若い頃は、日焼け止めだけにして(使っても+パウダー程度)30代以上で、人よりキレイな肌で過ごすのか。どちらを選びますか?

紫外線予防もとても大事です。ファンデーションを使わなくても、紫外線対策を何もしなければ、やはり30代過ぎてから、シミやシワとなって肌に出てきてしまいます。

スキンケアはしっかり続けて、ファンデーションなどはなるべくつけず、紫外線予防はしっかりする!
これをずっと続けていたら、30代、40代になった時、うらやましがられる肌になれます。

私は、一番肌がキレイなはずの20代前半、アトピーが一番ひどい時期と重なったので、とにかくもう悲惨でした。周りはみんな肌がキレイなのに、どうして自分だけ…とかなり落ち込みました。

でも、アトピーだったおかげで、30代半ばまでほとんどファンデーションは使わずに過ごしました。少しずつ肌の状態はよくなり、見た目にアトピーとわからなくなった30手前くらいでもまだ使うのが怖くて、日焼け止めだけで過ごしてましたが、そのおかげで、アラフォーになった今、肌を褒められることがすごく多くなりました。
目に見えるシミも顔にはほとんどありません。

それでもどうしてもメイクをしたい人は、日焼け止め+パウダーだけでも十分メイクしているように見えますよ。日焼け止めもパウダーも、普通の洗顔料で落とせるものもたくさん出ているので、クレンジングを使わないで過ごすことも可能です。

少しでも長くキレイな肌でいるために、若い頃から考えてメイクすることをオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする