春の肌ケアは念入りに

春の肌ケアは念入りに

春に肌の調子が悪くなるという人は多いのでは?
私も学生時代は、春になると必ず顔に蕁麻疹のようなものが出来たり、真っ赤に腫れたりしていたので、入学式やクラス替えの頃の写真は、ほとんど顔が赤いんです。
毎年のことだったので、いまだに何となく春は憂鬱なイメージがあります。

いくつかの原因が考えられますが、まず一つは花粉ですね。
花粉は鼻水が出たり、目が痒くなったりする以外に、肌の調子も悪くさせることがあるのです。

花粉がなぜ肌を荒らすのか…。
大きい原因は刺激ですよね。
春先はバリア機能が低下するとも言われているので、余計に花粉の悪影響を受けてしまうのだと思います。
家に帰って洗顔するのも大事かもしれません。

花粉以外の原因は、緊張やストレスによる肌荒れが考えられます。
入学や就職、または部署の異動などで、知らず知らずにためているストレスによって肌が荒れるという人もいます。

ホルモンバランスも崩れやすくなるので、吹き出物が出来やすいということも考えられます。

紫外線も強くなり、肌も乾燥しやすい状態にあるので、特に念入りに保湿をし、紫外線対策も怠らないように注意が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする